プロテインとは

私たちの体になくてはならない栄養素のひとつであるタンパク質。
それを効率的に摂取できるのが、プロテインです。
タンパク質を多く含む食品は多々あり、これらを毎日必要量摂ればいいのではないかと考える方もいるでしょう。
しかし、いざ日々の食事でしっかりとタンパク質を摂ろうとするのは大変です。

 

まず、食べものにはタンパク質以外の成分も入っています。
肉・魚・卵などは脂肪分が、豆・穀物などの植物には炭水化物が含まれています。
そのため、実感できる効果が現れるのを急ぐあまり、タンパク質を摂ろうと躍起になるとこれらも摂取することになり、カロリーが多く、体重がうなぎ上りになってしまう可能性が大きくあります。
プロテインは高タンパクでありながら、低脂肪分と無駄がありません。
また、食べものからの摂取のみに頼ると、タンパク質は消化されにくいために、吸収するまでに時間がかかってしまいます。

 

肉類であれば、胃で消化されてから腸にいくまで、約4時間かかるといわれます。
それに対してプロテインは、短時間で吸収され、体内に行き届きます。
消化・吸収されやすい状態にあらかじめ加工されていて、胃腸にも負担がかからないようにしてあります。
そして、いつでもどこでも簡単に補給できます。
ドリンクタイプであれば、2分から3分で補給完了です。

 

食べものであれば調理が必要だったり、生物の場合は早めに食べないとすぐに傷んでしまったりします。
その点でもプロテインは保存期間が長いので、賞味期限を気にして急いで摂取する必要はありません。
体内に短時間で効率よく吸収できる分、体への効果も早く期待できるのがプロテインなのです。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインがいかに効率よくタンパク質を吸収できるかということは、既にご説明した通りです。
では、効率的に摂取できるのがなぜ良いとされるのでしょうか。
それがよくわかるのが、筋肉の作り方です。

 

アスリートやボディビルダーは、筋肉を増大するためのトレーニングを日々行ないます。
ハードな筋トレなどをした後の筋肉は、損傷している状態です。
損傷している状態のままでは筋肉は大きくならないのでは?と思いますが、重要なのはこの後です。

 

損傷した筋肉は、トレーニングの内容やレベル、その後の食生活で摂取される栄養状態、その他あらゆる条件から肥大するか否か、また筋力が上がるかが決まります。
つまり、損傷状態を修復しようとする際の筋肉における状況が、大きなカギとなってくるのです。
筋肉をつけるには、単純にトレーニングを積めば良いというわけではありません。
もちろん、トレーニングをしても筋肉が育たないといことではありませんが、よりしっかりと奥底から肥大させるためには、食生活が重要です。
損傷した筋肉が、修復のためにタンパク質を必要とするためです。
体が必要している時にサッと効率よく摂取できるプロテインは、筋肉を肥大させるのにとても効果的な健康食品といえます。

 

ここでしっかりと認識しておくべきことは「プロテイン=筋肉増強剤」ではないということです。
プロテインは筋肉が必要とする重要な栄養素でありますが、摂取すれば誰でもすぐに筋肉モリモリの体になれるというものではありません。
あくまで「高タンパク食品」、つまり健康食品にすぎません。
そのため、プロテインを摂取する際は、その他の栄養素も摂る必要があります。
他の栄養素もバランス良く摂ることが、より高い効果を生み出す秘訣なのです。

 

 

トヨタ カムリの買取価格を引き上げる秘訣を解説

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

筋肉をつけたい人にとって効果的で欠かせないプロテインは、今ではダイエット食品として摂取する人も増えてきました。
筋肉を育てるのに効果的なものが、はたしてダイエットで良い効果を出すのか・・・。
実に考えにくいですが、ダイエットに対する知識をしっかりと持てば、なぜ効果的なのかがわかります。

 

通常の食事にプロテインを摂取すると、太ってしまいます。
プロテインには、1グラムにつき3.5から4キロカロリー程度の熱量が存在するので、食事にプラスして摂取すれば、間食しているのと同じことになってしまうためです。
これに加えて運動やトレーニングをまったくしていなかったら、太ることを目的に摂取しているようなものです。
プロテインがその持てる効果を発揮するのは、食事制限により摂取カロリーを抑えるダイエットです。
タンパク質の摂取量が減ると、結果として体重は減ったものの、筋肉や基礎代謝が落ちてしまい、リバウンドを起こす可能性が高まります。
そうならないために、過度なタンパク質の減少を防ぐリバウンド対策として、補助的にプロテインが利用されるのです。

 

リバウンド対策のためにトレーニングをして筋肉の総量を増やし、基礎代謝を上げるという方法もありますが、その際には並行してプロテインを摂取します。
ただ、この場合は外見は痩せたように見えても、筋肉は脂肪より重量があるので体重は減りにくいというデメリットもあります。
また、先述したようにプロテインは「食品」ですのでダイエットにおいても薬理効果はありません。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインが効果的なものは他にもあります。
それは「美肌づくり」です。
美肌になりたい方にも、プロテインは効果テキメンなアイテムになります。
その秘密は、「アミノ酸」にあります。

 

プロテインは、アミノ酸が集まったものです。
私たちの体を構成しているアミノ酸の中で、特に重要視されるのが20種類あります。
プロテインを構成するアミノ酸には、美容に貢献してくれるものがあり、それが20種類のアミノ酸の一部とオーバーラップするのです。
それが下記のアミノ酸です。

 

・アルギニン:肌のハリの元となるコラーゲンを作る。
・プロリン:皮膚を改善し、老化とともにすすむコラーゲン減少を防ぐ。
また、髪にキューティクルを与えるケラチンを作る。
・アスパラギン:コラーゲンに手助けをしてくれるケラチンを作る。
・チロシン:コラーゲンと、コラーゲンの働きを助けるエラスチンを形成。
・セリン:エラスチンを形成。
・シスチン:美白効果。

 

アミノ酸には、こんなに美肌効果を期待できるものがあります。
とはいっても、プロテインを摂取していればそれだけで美肌が手に入る・・というわけではありません。
プロテインの摂取と並行して、ダイエット時にプロテイン摂取をしながらの運動が必要なように、美肌作りにもきちんとした日々のスキンケアが大切です。

 

 

脱毛ラボ新宿

 

肌環境を整える土台づくりをしっかりとしたら、次はより強固なものにするように、スキンケアもしないと効果は現れません。
洗顔・保湿・角質ケアを徹底しないと、肌に汚れがたまって水分が不足し、カサカサになってしまいます。
プロテインはあくまで健康食品ですから、日々のお手入れを怠ってはいくら摂取してもキレイな肌にはなれません。
筋肉づくりにも、ダイエットにも、美肌づくりにも、継続的なアクションを起こす必要があるということですね。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

いろいろな効果を期待できるプロテインのチカラを最大限活かすには、効率の良い摂取法を知ることが何よりも大切です。
単に飲むだけで良くなるというものではありませんので、まずは飲み方をよく把握しましょう。

 

プロテインには、効果的に飲むポイントがいくつかあります。
まず、1日に摂取する量の目安は、20グラムから60グラムとされています。
摂取量は、その日にした運動の量によって違ってきます。
激しい運動をした日は、運動をする前と後、そして就寝前の1日に3回に分けて20グラムずつを飲みます。
軽い運動をした日は、1回の摂取量は同じ20グラムで、運動前の1回を抜いた2回の摂取にします。
そして運動をしなかった日は、20グラムを就寝前の1回飲むという具合です。

 

激しい運動をすると、筋肉が分解されてできたぶどう糖で不足したエネルギーが補われます。
つまり、筋肉をつけるためにしている運動によって逆に筋肉量を減らしてしまうことになるのです。

 

プロテインを摂取してから運動をはじめると、プロテインの中に含まれるタンパク質が血液中に吸収、分解されてアミノ酸が生成されます。
このアミノ酸がエネルギーの元となるため、筋肉が必要以上に分解されるのを防ぐことができるのです。

 

筋肉を作る手助けをする成長ホルモンが最も活発に分泌されるのは、運動をした後の30分間と就寝後30分から1時間30分の間だとされています。
この時、血液中に充分な量のアミノ酸がないと筋肉がしっかりと作られません。
運動をしない日でも、就寝前にはプロテインを摂取しましょうと言われるのは、こうした理由からです。
こうした体のリズムに合わせてプロテインを摂ることが、効率よく良質な筋肉を作るための大切なポイントということですね。

 

 

 

脱毛ラボ福岡西新店はコチラ

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインは、飲むポイントをきちんとおさえていれば、筋肉をつけたい、ダイエットをしたいなど、個々の目標達成において心強い味方となってくれます。
とはいえ、プロテインを取り入れることは良いことづくめ・・というわけでもありません。
正しい摂取の仕方を知っていれば効果的に働くことは間違いありませんが、どんな時にマイナスと考えられる面があるのか、考えてみましょう。

 

プロテインに限らず、体内に取り込むものでマイナス面というと、心配になるのは体への影響ですね。
いわゆる薬を服用した際に、望む目的以外の働きをしてしまう副作用のようなものです。
プロテインは食品なので、副作用を心配する必要はありません。
だからといって、プロテインにはマイナス面がないかといったら、そうではありません。
人の体質はそれぞれ違うため、食品であっても人によっては合わないことがあるためです。
合う、合わないの理由として考えられることは、大きくわけて2つあります。

 

ひとつ目は、原料が体質に合わない場合です。
ある特定の食べ物に対してアレルギー反応が出る人がいるように、原料に使われているものによって体に影響する可能性があるということです。
たとえば、牛乳を飲むとお腹がゆるくなったり、ゴロゴロしたりする人は、牛乳が材料に使われているものを口にしてもお腹の具合が悪くなる可能性があります。
こうしたニガテな食品がある人がプロテインを購入する時には、原材料を確かめることが大切です。

 

ふたつ目は、飲みやすさを考えて加えられた成分、あるいはプロテインの製法自体が合わない場合です。
たとえば、フルーティな美味しさをプラスしようと果肉や果汁を加えたり、口あたりを良くするために甘味料が加えられたりといったことはよくありますが、中にはこうしたものが合わない人もいます。
また、プロテインの製法は各社で工程が異なります。
そのため、あるメーカーのプロテインは問題なく摂取できても、別のメーカーのものに替えてみたら合わなかった・・というケースがあります。

 

さすがに製法の合う合わないは飲んでみないとわからないので、初めて購入するものは安かったから、効果がスゴそうだからとまとめ買いせず、少し試してみて問題がなければ再購入することをおすすめします。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

少しでも早くプロテインの効果を得たいという気持ちから、推奨されている量よりも多めに摂取してしまう方も少なくありません。
薬ではないから少しくらい多くても大丈夫・・・そんな気持ちが出てきた時こそ、気をつけなければならないのが過剰摂取と依存です。

 

タンパク質の摂取には、適正量があります。
特別な運動をせず、普通に生活している人がプロテインを摂取する場合は、体重1キロに対して1グラムくらいが1日あたりの適切な摂取量とされています。
たとえば、体重50キロの人なら1日50グラムということですね。
これに対し、筋力をつけるためのトレーニングをしている人は、そうした激しい運動をしない人の倍、つまり体重1キロに対し2グラムの摂取が必要になります。

 

ここで注意しなければならないのは、「プロテインのグラム数=タンパク質の量」ではないということです。
ですから、50グラムのタンパク質を摂りたい場合、50グラムのプロテインを摂取するのでは足りません。
タンパク質の含有量をきちんと確認し、たとえば100グラムのうち80%の80グラムがタンパク質のプロテインを摂取するなら

 

50グラム÷0.8(タンパク質の含有量)=62.5グラム

 

が必要なタンパク質を補うための摂取量となります。

 

適正量を超えて摂りすぎると、病気になる確率が上がるともいわれています。
尿道結石がそのひとつです。
さらに、余分にエネルギーを摂ることで肥満になる原因にもなります。
また、過剰摂取によって体内に余ったタンパク質を外へ追い出そうと肝臓と腎臓が過度に働くことになり、負担をかけてしまいます。

 

肝臓には、物質を分解する役割があるのと同時に、筋肉に必要なタンパク質も作っています。
そのため余計なタンパク質を分解するという余計な仕事ができると、筋肉を作る能率が落ちてしまうことになりかねません。
腎臓は、毒素を排出するのが仕事です。
タンパク質は腎臓で分解されて尿として体外に排出されるため、過剰摂取は腎臓に負担がかかります。

 

適正量を守らなかったために、効果を得られなかったばかりか体を壊してしまった・・というのでは元も子もありません。
たくさん飲めばいいものではなく、長く継続的に摂取するのが大切なのです。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインを摂取する時、ほとんどの人が水や牛乳で割ってシェイクにして飲んでいるのではないでしょうか。
よって、プロテインには粉末タイプの製品が多く販売されています。
プロテインは保存性の高さが特徴ではありますが、より一層品質を維持するには、正しい保存の仕方を知っておくことが大切です。

 

粉末タイプのプロテインを保存する際、一番気をつけたいのは「湿気」と「温度」です。
湿気があり、温度も高い場所に置いておくと、微生物が好む環境ができあがってしまうためです。
プロテインは、湿気が入らないように開け口が密閉チャックになっています。
そのため、チャックをしっかりと閉めていれば、湿気が入りこむことはそうありません。
しかし、容量が少なければ良いものの、効果を得るには毎日必要だからと2〜3キロ入りのものを買った場合は注意が必要です。
毎日何度もチャックを開ければその度に外気に触れますし、パッケージの中に手も入れるので、長期間置いておくとなると衛生上心配な部分もあります。

 

容量の大きなパッケージを買った時には、ひとつを短期間で使い切ることができる小さめの密閉式容器をいくつか用意し、分けることをおすすめします。
この場合、あまり深さのある容器を使うとやはり都度手を入れることになるので、浅めのものを選ぶと良いでしょう。

 

プロテインの保存場所は、適度な室温で風邪通しの良いところがベストです。
ガスコンロやトースターに近いところに置くのは、避けるべきです。
また、温まった空気は上にのぼるため、戸棚の上など高いところもおすすめできません。
粉末ということを考えれば、当然湿度の高いところもNGです。
よくありがちな冷蔵庫での保管は、一見いいように思えます。
しかし、冷蔵庫は頻繁なドアの開け閉めで結露し、そこから湿気が入り込んでしまうこともあり、必ずしもベストとはいえません。

 

プロテインをシェイクにする時は、一度で飲みきれる量だけ作るのが上手な使い方です。
ジュースなど他の飲み物なら、暑い中で長時間放置したりしない限りは、1日くらい常温で置いていても傷むことはありません。
しかし、タンパク質の含有量が高いプロテインは微生物が繁殖しやすく、もしも食中毒を起こすと重篤な状態になる危険性があります。
プロテインを効果的に利用する際には、保存状況にもしっかりと注意を払いましょう。

 

 

レーシック 無料

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインとひと口にいっても色々な種類があり、求める効果によって最適なものが違ってきます。
そこでここでは、主なプロテインの種類と。その特徴をご紹介していきます。

 

代表的なのは、牛乳を原料にして作られた「ホエイプロテイン」です。
1990年代から、浸透膜技術の発達によって急速に安価になったプロテインで、「ホエイタンパク」というタンパク質を含有しています。
摂取後の消化が速く、タンパク質の合成を促すという特徴があります。
筋肉を鍛えている方にはおすすめですが、消化が速いために効果が短時間で、さらに摂取しすぎると体脂肪になりやすいという難点があります。
また、消化が速いという点からエネルギー源となる働きが弱いというのも、多くの人がプロテインに求める効果を考えると、デメリットといえるでしょう。

 

同じく牛乳を原材料とするプロテインに、「カゼインプロテイン」があります。
こちらは牛乳の「カゼインタンパク」を使用しています。
ホエイプロテインとは反対に摂取後の消化が遅いので、しっかりエネルギー源として働いてくれます。
ダイエットや、トレーニングをしない日の栄養補給にはピッタリのプロテインですが、やや高価なのと、水に溶けにくいというデメリットがあります。

 

他には、大豆タンパクを使用した「ソイプロテイン」というものもあります。
代謝を活発にする働きがあり、効果も長時間持続しやすいのですが、吸収に時間がかかり、飲みにくいものが多いというデメリットがあります。
しかし、消化が遅いために満腹感があり、ダイエットや健康維持のためにプロテインを摂取したい方にはおすすめです。
ソイプロテインは、大豆に含まれるイソフラボンとサボニンという成分に、老化の大敵である体内の酸化を防いだり、コレステロール値の低下や正常にホルモンバランスを保つ働きがあることから、健康に良いプロテインとして注目されています。

 

また、鶏卵などの卵白を原料とする「エッグプロテイン」もあります。
吸収が速く、筋肉などの体を構成する組織の材料になりやすいので筋肉をしっかりとつけたい方に適していますが、価格が高めで飲み物に溶けにくいのが難点です。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

健康な体づくりや美容維持の必需品になっているプロテインは、さまざまな企業が開発販売しています。
中でも、国内メーカーで代表的なプロテインといえば、明治製菓の「ザパス」です。

 

1980年に誕生し、それ以来30年以上愛されているプロテインサプリ「ザパス」は、今ではラインナップ豊富なブランドとして確立されています。
長年販売されているサプリメントなので、筋肉をつけたいスポーツマンが主に摂取するプロテインというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、ザパスは目的別に選べる商品を幅広く展開しています。
プロテインが主な商品ですが、タンパク質を含まないビタミンや鉄分のサプリメントもあり、体づくりのトータルサポートできるラインナップです。
粉末タイプが1番多いですが、その他にタブレットタイプ・ゼリータイプがあります。

 

目的別には「ボディーメイク」「コンディションメイク」「エナジーメイク」の3つがあり、それぞれがさらに目的別に細分化されています。
期待する効果に合ったものを選ぶことが、ザパスを有効活用する一番のポイントです。

 

「ボディーメイク」は体づくりに不可欠なタンパク質のカテゴリで、運動レベルや目的別で選ぶプロテインが変わってきます。
「アスリート」「ボディ」「フィットネス」「ジュニア」と4つのカテゴリに分かれており、アスリートや筋肉を鍛えている方向けの商品です。
そのため、プロテインも吸収性が高く、かつ期待できる効果も早いホエイプロテインを使用しています。

 

「コンディションメイク」は、摂取したい栄養素を選べるサプリメントのラインナップで、ビタミン、ミネラル類、アミノ酸、コラーゲンがあります。
「エナジーメイク」は手軽に摂取でき、エネルギー補給に便利なゼリータイプが主な商品ですが、タンパク質を含んだものもあります。

 

脱毛ラボ船橋店はコチラ

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

ザパスのプロテインには、どのようなものがあるのかみていきましょう。
プロテインサプリのカテゴリに該当するボディーメイクは、さらに細かく「アスリート」「ボディ」「フィットネス」「ジュニア」の4種類に分かれています。
タイプが細分化されているのは、体づくりにおいてどのような効果を求めるかによってプロテインが違ってくるからです。
「アスリート」のプロテインは、その名の通りアスリート向けのもので、下記のように系統別に分かれています。

 

・タイプ1ストレングス
一瞬にして最大限のパワーを出すチカラの源となるプロテイン。
瞬発力が求められるボクシングや柔道、空手、陸上競技・水泳競技といったスポーツに関わるアスリート向け。

 

・タイプ2スピード
爆発的な瞬発力を持続して発揮するチカラをサポートするプロテイン。
サッカー、テニス、パスケットボール、野球、ラグビーなど競技時間の長いスポーツに関わるアスリート向け。

 

・タイプ3エンデュランス
長い時間体を動かし続ける持久系アスリートのためのプロテイン。
マラソンをはじめとする長距離の陸上競技・長距離水泳、トライアスロン、自転車ロードレースなどの選手向け。

 

・ザパスプロクリアプロテインホエイ100
幅広いタイプのアスリート向け。

 

・ホエイプロテインGP
屈強な筋肉づくりの限界に挑戦するアスリート向け。

 

タイプ1から3は、ホエイプロテインに加えてグルタミンが配合されていたり、ソイプロテインと1対1の割合で配合されていたりします。
ザパスプロは高純度ホエイプロテインを配合し、92%ものタンパク質を含む本格派プロテインで、価格も少々高めです。

 

「ボディ」カテゴリのプロテインは、アスリートほどではないものの筋肉を鍛えている人向けのもので、100%ホエイプロテインを使用しています。
筋肉を増強する以外の効果を期待できるプロテインもあり、何かしらの運動で体づくりをしている人に向けた商品です。
その他、筋肉をつけるだけでなく、運動で体脂肪を減らしたい人向けの「アクアソイプロテイン100」や、筋肉を維持したまま減量したい方向けの「ウェイトダウン」という商品もあります。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインは、効果的なダイエットサポートアイテムとしても近年注目されています。
その中で人気が高いのは、ザパスの商品カテゴリのひとつ「ボディーメイク」の「フィットネス」にある、ソイプロテインを使用した「シェイプ&ビューティ」です。

 

ダイエットにプロテインを使う場合、気をつけないといけない点は、タンパクと脂質の含有量です。
タンパク質の含有量が高く、脂質の含有量は低いものがダイエット向けの条件を満たしているプロテインになります。
ソイプロテインは、代謝を活性化させるのに効果的なプロテインです。
消化、吸収されるスピードがゆっくりなので満腹感を感じることができ、ダイエットに大変有効です。

 

さらにザパスのシェイプ&ビューティーは、これに加えて美容に嬉しいフィッシュコラーゲンを1,500mgと、鉄、マグネシウム、カルシウム、それに8種類のビタミンを配合し、健康的に、キレイに体を引き締めたい人にはピッタリです。

 

子どもの健康な体づくりを手助けしてくれる商品カテゴリ、「ジュニア」の「ジュニアプロテイン」は、ホエイプロテインにビタミンDが配合されています。
ビタミンDには腸管内でカルシウムが吸収されるのを促進する働きがあり、骨の形成を助けてくれる栄養素です。
「ジュニアカルシウムアップ」は、運動をする子どもが1日に必要とするビタミンB1、B2、Cを摂取でき、さらにビタミンDとカルシウムも配合されています。

 

子どものプロテイン摂取には、賛成という人と反対する人がいます。
反対意見があるのは、プロテインはトレーニングによって酷使された筋肉を修復するために飲むものなので、成長期の真っ只中にある子どもは摂取しなくても良いという考えからです。
体が完成した大人が飲むのとはわけが違ってくるので、子どもにプロテインを摂取させる時には、運動のレベルや容量など、使用上の注意をしっかりと確認することが重要です。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

ダイエットアイテムとしてプロテインの認知度をあげたのは、DHCが販売している「プロテインダイエット」です。
芸人やタレントなどの著名人が体験モニターを務め、見違えるほどのダイエットに成功したことからその効果が注目されています。

 

DHCプロテインダイエットは、食事と置き換える方式のダイエットです。
低カロリーな上に燃焼系成分と美容成分、それにダイエット中はしっかりと摂りたい食物繊維配合で、美しくウェイトコントロールができます。

 

美容成分には、コエンザイムQ10をはじめヒアルロン酸、ポリフェノールが配合されています。
コエンザイムQ10は、食事で摂取した糖や脂肪をアミノ酸に変えてくれる働きがあります。
また、老化を進める酸化からから体を守る抗酸化作用があります。
若々しさを維持するには欠かせない物質でありながら、20代を最盛期として減少していくコエンザイムQ10は、アンチエイジング力の高さにも注目が集まっています。

 

ヒアルロン酸は、1グラムだけで6キロもの水分を保つことができる成分で、美肌の維持にも不可欠です。
ダイエット中でも、肌がカサカサにならないためのうるおい補給に役立ちます。

 

ポリフェノールは、赤ワインに豊富に配合されていることで有名な成分です。
コエンザイムQ10と同様に抗酸化作用がありますが、表面的なことだけでなく、細胞間の水溶性部分、脂溶部分、細胞膜と、細胞レベルでアンチエイジング効果を期待できます。
ポリフェノールは水に入れると溶けやすい特性があり、摂取後30分で体に働きはじめます。
その分体内には蓄積されず、体内で長時間働き続けるものではないため、こまめにとることが大切です。

 

DHCプロテインダイエットには、美容に嬉しい成分の他にアスリートが摂取していることで有名なオルニチン塩酸塩が配合されており、体力を落とさずにシェイプアップしたい方にもおすすめです。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

食事と置き換えるタイプのダイエットは、簡単にできるようで、実際にやってみると案外難しいダイエット法です。
その一番の理由に、「味に飽きがきてしまう」ということがあります。
カロリーコントロールというには効果的だけれど、毎日同じような味で単調なために、飲むのがだんだんイヤになってしまうというのは、継続が重要なダイエットではツラいところです。

 

「DHCプロテインダイエット」は飽きがこず続けられるよう、味にバリエーションがあるのが人気のヒミツです。
ココア、バナナ、ミルクティー、いちごミルク、コーヒー牛乳と5種類の味があり、どれも濃厚なのでそこそこカロリーもありそうに思えますが、実際は178キロカロリーと、その味からは驚くほど低カロリーです。

 

よくCMで見かけるのは水に溶かして飲む粉末タイプですが、DHCプロテインダイエットにはそれ以外のラインナップもあります。
シェイクではいまひとつ満腹感を得られないという方には、カップケーキタイプの「プロテインダイエットケーキ」がおすすめです。

 

バナナ、チョコ、抹茶、いちごミルク、ミルクティーと5種類の味があり、粉末タイプと同じくプロテイン以外に美容成分と16種類のビタミン、ミネラルをバランスよくカバーできます。
ダイエット中は控えたほうがいいといわれるスイーツを、1個184kcal以下の低カロリーダイエット食品として食べられるのは、女性にとってはとても嬉しい話ですね。

 

マグカップなどに1袋入れ、水(40ml)を加えてダマがなくなるまでよく混ぜたら、電子レンジでおよそ2分加熱すれば出来上がりと、作り方もとても簡単です。
手間をかけずにしっかりと効果を期待できるダイエットを探している方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインシェイクと聞くと、大抵甘いものを想像しますね。
実際、本当に甘味のあるものが多いですし、DHCのプロテインも例外ではありません。
ダイエットの実践中に甘いものを食べられるのは嬉しいですが、甘いものばかりでなく、時には塩気があるものも食べたいと思うこともあるでしょう。

 

DHCプロテインダイエットにはリゾットもあり、効果にしっかりとつなげながら、ダイエット中のそんなワガママにもしっかり応えてくれます。
プロテインシェイクやケーキと同じ成分が配合されているリゾットには、発芽玄米も入っています。
そのため、シェイクやケーキで食事に置き換えるのはなんだか物足りない・・という方には食べ応えがあるでしょう。
また、続けても飽きがこないよう、味には本格的なブイヤベース、かぼちゃクリーム、トマトほうれん草、スパイシーカレー、チーズコーンと5種類のバリエーションがあります。

 

空腹感があってガマンがツラい・・という方には、「ぷるぷるムース」もおすすめです。
ストロベリー、パイン、マンゴー、アップル、オレンジと、5種類の味があるパンナコッタのようなムースは、デザート感覚で食べられる上にしっかりとお腹にたまります。

 

自分の好みで味を選ぶ楽しみもあるDHCプロテインダイエットは、シェイク、リゾットなどさまざまなタイプがありながらどれも配合成分が統一されており、タンパク質とあらゆる栄養素を補給できます。
ラインアップが豊富、そして何より低カロリーと、これだけでも充分に心強いダイエット食品ですが、DHCプロテインダイエットシリーズのスゴいところはまだあります。
アミノ酸スコアと呼ばれるタンパク質の栄養価を化学的に示す数値が「100」であることも大きな特長です。

 

アミノ酸スコアの対象になるのは、食品中に含まれる9種類の必須アミノ酸です。
算出方法は、必須アミノ酸の必要量に対して一番不足している必須アミノ酸の割合で算出されるもので、値が100に近いほど高タンパク食品といえます。
そのスコアが100ということは、プロテインサプリとしてのタンパク質の効果を大いに期待できる商品ということがわかりますね。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

大手菓子メーカーの森永製菓も、ロングセラー商品となった「ウイダーインゼリー」と同じウイダーのブランドでプロテイン商品をリリースしています。
森永製菓の健康事業であるウイダーは、人気タレントを起用したテレビCMなどで一躍有名になったブランドですね。
通勤時の強い味方であるゼリータイプが有名ですが、プロテイン商品は定番の粉末をはじめ、ゼリータイプや、ウエハースタイプのバーもあります。

 

粉末タイプには、オールマイティプロテインと呼ばれる「ウイダーマッスルフィットプロテイン」と、運動直後の摂取専用の「ウイダーリカバリーパワープロテイン」とがあります。
前者は効率的な体づくりをしている方向け、後者はハードなトレーニングを毎日行なう方向けのプロテインです。

 

マッスルフィットプロテインは、すばやく吸収するホエイプロテインと、吸収に時間がかかるカゼインプロテインがそれぞれ50%ずつ配合されています。
吸収されるスピードが異なる2種類のタンパク質によりアミノ酸が長く供給され、効果を長時間保てるように工夫されています。

 

また、普段の食生活で不足がちなグルタミン、鉄、カルシウム、ビタミンB群を配合しているのもポイントです。
特に骨格筋に蓄えられているグルタミンは、なんとアミノ酸の60%を占めている体に不可欠なアミノ酸で、ハードなトレーニングで消費されてしまうので、しっかりと補う必要のある成分です。

 

リカバリーパワープロテインは、糖質とタンパク質を3対1の比率で配合しています。
この割合は、運動で消費されるエネルギーを補い、疲れた体を立て直す助けとなるのに最も有効な黄金比率とされており、体をケアしながら筋肉を鍛えていくことができます。

 

ウイダーの粉末プロテインは、ウイダーの強みである同社独自の「EMR」という成分の配合により、プロテインの性能を高めています。
EMRとは、体内への吸収性を高めるために水に溶けやすいよう酵素処理が施されたルチンのことです。
ルチンとはポリフェノールの一種でソバなどに含まれており、健康を維持するのに有効な成分として注目を集めています。
運動により生成される活性酸素を減らし、タンパク質が効率よく生成されるよう手助けをしてくれます。
さらに、運動時だけでなく食事で摂取したタンパク質を活性化する働きもあり、なりたいカラダをムダなく作り上げるのに効果的に作用します。

 

 

トヨタ ノアの買取価格を引き上げる秘訣を解説

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

粉末プロテインのように運動レベルに合わせて計画的に飲むほど本格レベルの堅苦しさがなく、気軽に毎日摂ることで効果を期待できるプロテインもあります。
それが、「ウイダーinバープロテイン」です。
プロテインといってもウエハースなので、小腹が空いた時にお菓子感覚で食べるだけでプロテインを摂取できるのが魅力です。

 

粉末状のプロテインを取り入れてみようかと思っているけれど、きちんと続けられるか自信がない・・という方の入門アイテムとして、また美容や健康維持のためにプロテインを摂りたいと思っている方におすすめです。
ナッツ味とバニラ味の2種類があるウイダーinバープロテインは、1本36グラムあたりにホエイプロテインと大豆プロテインが併せて10グラム配合されています。

 

出先でもサッと手軽にエネルギー補給ができ、忙しい現代人の強い味方として人気の「ウイダーinゼリー」のラインナップにも、エネルギーチャージをしながらプロテインが摂れる「プロテインイン」があります。
酵素によって既に分解されており、吸収性の高い乳ペプチドとコラーゲンペプチドという2種類のペプチド(タンパク質)が配合されています。
アミノ酸がいくつかつながって構成されているペプチドは、スピーディにタンパク質を補いたい時にはピッタリです。

 

このペプチドを配合した商品には、同じウイダーのシリーズに「アミノタブレット」があります。
ひと粒あたりのアミノ酸の含有率が高く、サプリメント感覚で手軽に摂取できるのがポイントです。

 

その他には、プロテインシェイク1回分のホエイプロテインを摂取できる「プロテイン15ドリンク」があり、明治製菓の「ザパス」よりも手軽に摂れるプロテイン商品が多いのがウイダーの魅力です。
続けやすいプロテイン商品を選ぶことで継続性が高まれば、より一層の効果を期待できるでしょう。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

明治製菓、森永製菓と大手菓子メーカーがプロテイン商品をリリースする中、両社と並ぶトップ企業であるグリコもプロテインを販売しています。
グリコの健康ブランドである「パワープロダクション」はあらゆる栄養素を補給するサプリを展開しており、プロテインもその中のひとつです。
パワープロダクションのプロテインは、効果別に4種類のラインナップがあります。

 

・ホエイプロテイン
筋肉を鍛えて強靭にしたい方や、ハードな運動をしている方におすすめのプロテイン。
プロテインを構成する要素となるタンパク質(アミノ酸)が効果を得やすい形で組成されており、良質な筋肉を作るのにピッタリです。
毎日飲むものであることを考え、飽きのこない薄味にしてあるのもポイントです。

 

・ミールリプレイスメントプロテイン
中高生など体が発達途上にある方や体重を増やしたい方、体をガッシリさせたい方におすすめのプロテイン。
タンパク質4、脂質1、炭水化物5という割合で配合されており、これにカゼインプロテイン、ホエイプロテイン、ソイプロテインと、体内に吸収される早さが異なる3種類のプロテインが加えられています。
さらに、グルタミンや炭水化物、鉄分、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、各種ビタミンと、体に必要な栄養素が豊富に詰め込まれているのが特徴です。

 

・ゴールデンタイムプロテイン
激しいトレーニングをする方、トレーニングをした後の疲れがなかなか抜けない方、エネルギー不足を感じる方におすすめのプロテイン。
トレーニングをした直後にスピーディに栄養補給ができるよう、タンパク質や糖質の種類、配合比率が工夫されているのが最大の特徴です。
さらに体を整えるのに有効なクエン酸、グルタミンペプチドも配合されています。

 

・MAXLOADホエイプロテイン
価格を気にせず積極的にプロテインを生活に取り入れたい方や、学校のクラブ活動など多人数でプロテインを摂取したいという時におすすめのプロテイン。
乳由来のホエイプロテインを100%使用しています。
一日に必要とされる推奨摂取量をカバーできる8種類の水溶性ビタミンに加え、鉄分やカルシウムもプラス。
チョコレート味とミルク味の2種類で飲みやすさもバツグンな上、価格がリーズナブルなのも嬉しい、ヘビーユーザーにピッタリのプロテインです。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインを飲みはじめてから、ニキビができるようになったという話を聞いたことはないでしょうか。
これはプロテインに限定された話ではありませんが、何等かの効果を期待するあまり必要以上に摂りすぎると、どんなものでも良くない影響が出るものです。

 

プロテインはタンパク質なので、元々体内で生成されるものです。
加えて食事でも日常的に摂取している栄養素なので、多少摂りすぎたからといってすぐに体に変化が現れることはありません。
しかし、あまりに度が過ぎた過剰摂取をすれば表面的に現れることもあり、そのひとつがニキビと考えられます。

 

元々、体質的にニキビができやすい人がプロテインを摂取しすぎると、体内で分解しきれずに毛穴をふさいでしまい、ニキビなどの原因になることがあります。
どんなものでも、体に良い効果を期待するなら適切な量を守ることが大切なのです。

 

また、過剰に摂取していなくても、飲み方によってニキビができることもあります。
プロテインをシェイクにする時は牛乳で割る方が多いのですが、これがニキビの原因になるケースがあるのです。
牛乳に含まれる脂肪分は、体内に消化吸収される率が97%とかなり高いために、脂肪分の摂りすぎでニキビができてしまうことがあります。
お水に替えてみてニキビが減るようなら、牛乳が原因だったと考えられます。
ニキビのできない方は牛乳で割ったほうがいいのですが、状況や体質に合わせて対応するのも大切なポイントといえるでしょう。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

「プロテインを摂取して筋肉づくりをすると、それが原因で背が伸びなくなる」という話を聞いたという方がいるようです。
はたして、本当にそんなことがあるのでしょうか。

 

プロテインの中には子ども向けに栄養素の配合が考えられたものもあります。
そのため、健康維持にも効果があるなら飲ませてみようと考えているお母さん方も少なくないことでしょう。
とはいえ、筋肉がついた代わりに身長が伸びなかったら・・と考えると、飲ませるのを躊躇してしまいますね。

 

ズバリ答えから言ってしまうと、プロテインを飲んだから身長が伸びないなどということはありません。
プロテインは、先にも述べたように薬ではなく食品です。
原料は牛乳やタマゴ、大豆なので、こういったものを食べて身長の伸びが止まるなんていう話はないとわかるでしょう。
こうした食品にアレルギーがある方は別ですが、そうでなければ体に悪影響が及ぶことはありません。

 

それどころか、さまざまな器官や骨を作るのに必要なタンパク質を摂るわけですから、かえって身長が伸びる効果につながると考えたほうが納得できます。
実際のところ、日本人の平均身長が伸びたのは、食事が欧米化したことによってタンパク質の摂取量が増えたためいわれているほどです。

 

もしもプロテインを飲むようになってから身長の伸びが止まったという人がいるなら、それはプロテインの摂取が原因ではなく、筋力アップのためのハードなトレーニングが骨格に負荷をかけてしまったというほうが可能性が高いでしょう。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインといえば国内メーカーの商品が人気なように思いますが、海外メーカーのプロテインでも、その効果から日本で愛されている商品があります。
そのひとつに挙げられるのが、アメリカのメーカー・Amway(アムウェイ)の「ニュートリプロテイン(オールプラント)」です。
2012年8月にそれまで販売されていたニュートリプロテインがリニューアルされ、現在のオールプラントになりました。

 

ニュートリプロテイン(オールプラント)の原料には、100%植物性のプロテインが使われています。
このプロテインは3種類の天然植物から抽出されたものです。
動物性ではなく植物性のプロテインを、しかも3種類の植物由来のものを使っているのは、日本で販売されているプロテインではこれだけです。

 

天然植物のチカラを最高レベル効果につなげられるよう、小麦と大豆、エンドウ豆を独自開発の方法で加工しているのが「ニュートリプロテイン」最大の特徴です。
タンパク質の品質をはかる基準となるアミノ酸スコアも、最大値の100と最高レベルで、さらに優れた消化吸収率にも定評があり、良い効果を期待できるプロテインといえます。

 

ニュートリプロテインには、ノーマルタイプ、ベリー、抹茶と、全部で3種類の味があり、ベリー味にはカルシウムとビタミンCが、抹茶味にはカルシウムとカテキンが含まれています。
健康食品なので毎日飲むことは特に問題ありませんが、抹茶には緑茶由来のカフェインが1回分の量に緑茶3杯分入っているため、妊娠中の方や授乳中の方は医師と相談の上摂取することをおすすめします。

 

アムウェイは、知る人ぞ知るネットワークビジネスで有名な会社で、基本的に購入は会員制ですが、Amazonでも購入可能です。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

あらゆる効果を期待できるプロテインは、世間でも需要が高い健康食品になっています。
「自分に合ったプロテインが欲しい」「どのプロテインが効果があるのか」と多くの人が有力な情報を欲していることもあり、インターネット上にはプロテインに関する情報サイトがたくさんあります。
そんな情報サイトでも人気が高いのが、スポーツの人気サプリメントブランドである「DNS」のプロテインです。

 

DNSが人気の理由はいくつか挙げられますが、よく聞かれるのは「美味しさ」です。
DNSのプロテインは楽天でも手に入りますが、購入者から寄せられたレビューには「チョコレート味が美味しい」という意見が多く見られます。
過去にいくつかプロテインを飲んだことがあり、どれもいまひとつ味に満足がいかなかったという人からも、美味しく飲めたという声があがっています。
また、日本が誇る野球選手・ダルビッシュ有選手も愛飲しているプロテインということからも、その効果はお墨付きです。

 

チョコレート味の美味しさに定評がある人気商品「プロテインホエイ100」は、初めてプロテインを飲む方や、若い世代のアスリート向けのプロテインです。
筋肉の成長を1番に考えられたこちらのプロテインは、筋肉づくりには欠かせないホエイプロテインを100%原料に使用しています。

 

ダルビッシュ選手も愛飲している「ホエイプロテインG+」は、高いレベルを求めるアスリート向けのプロテインです。
体づくりには不可欠のグルタミンを、通常のアミノ酸よりも消化吸収に優れたペプチドの状態にして最適なバランスで配合しています。

 

他にも良質な筋肉づくりに効果を発揮する「プロテインホエイ&カゼインスローローディング」、手早く摂取できるドリンクタイプの「プロエックス」、トップレベルのアスリート向けの「ホエイプロテインスーパープレミアム」、高タンパク低脂肪の「ホエイプロテインスーパーストイック」など、あらゆるタイプのアスリートをサポートする豊富なラインナップが魅力です。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

ここまでに紹介してきたプロテインは、体により良い効果が出るよう、成分配合が考えられていました。
そんな中で、アスリート向けのプロテインに配合されていることが多い成分といえば、グルタミンが一番に挙げられるでしょう。
ここでは、体づくりには欠かせないといわれるグルタミンについて詳しく見ていきましょう。

 

グルタミンアミノ酸のひとつで、筋力トレーニングを日常的に行なう人が積極的に摂取しています。
グルタミンは必須アミノ酸とは違い、体内で生成されます。
しかしながら体内で必要とされる量が多く、私たちの体のさまざまな組織に不可欠な物質です。
たくさん必要なので、体内で作られるだけの量では不足しがちということから「条件付き必須アミノ酸」と呼ばれます。
グルタミンが多く含まれる食品には、グルテンと呼ばれる小麦タンパク質などが挙げられます。

 

体内に充分な量のグルタミンがないと、本来筋肉の維持に使われるはずの分が他のことに使われてしまいます。
すると、グルタミン不足になった筋肉はエネルギーを補うために分解され、その結果、筋肉量が落ちてしまいます。
アスリート向けのプロテインにグルタミンが多く配合されているのは、こうした理由からです。

 

また、グルタミンには、グリコーゲンが筋肉の内部に蓄えられる量を増やしたり、筋肉痛や筋肉の疲れをケアする物質の分泌を促す作用もあり、長時間運動をする場合にはとても効果的に働いてくれます。
運動をしていなくても必要な物質でありながら、代謝されやすいため、必要な量を上回る摂取をしても、体に悪影響が出ることはまずありません。

 

グルタミンは、体内で日々新しい細胞が生成されるのになくては困るとても重要な物質で、最近では、手術をした人の体を回復させるために、医療の現場で使われています。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインシェイクを使う時にとても便利なアイテムといえば、専用のシェイカーですね。
シェイカーがなくても、水に溶けやすいプロテインならグラスに入れてよく混ぜればいいし、特に効果が変わるわけでもないという方もいるかもしれません。
しかし、たとえばジムでトレーニングをした後など、出先でプロテインを飲みたい方には、シェイカーは必需品です。

 

プロテインを発売している各メーカーが専用のシェイカーを併せて販売しているのにも、ちゃんとした理由があります。
おすすめはシェイカーの2本持ちです。
ここでは、シェイカーがあるとどんなに便利かということを考えてみましょう。

 

シェイカーは、大抵プラスチックでできています。
どこにでも手軽に持っていける携帯用として最適で、なによりもよく振れるためです。
この「振る」ということが、プロテインシェイクにおいてはとても重要になります。

 

タンパク質を水に入れると、水中にあるイオンと反発しあって水中に浮きます。
つまり、水には溶けにくい性質を持っているということです。
スポーツドリンクやオレンジジュースなど、既にイオンやクエン酸が含まれた飲み物は、水よりも溶けやすいといえます。

 

しかし、大抵の場合プロテインは水で溶かして飲みます。
そのためしっかりと溶かすには、水になじむよう充分に振らなければなりません。
プロテインが水によく溶けるよう思いきり振るには、シェイカーが必要になるのです。
しっかりと溶けていれば消化吸収もよく、より高い効果を期待できるのはもちろん、粉っぽさがなくなって飲みやすいということもあります。

 

プロテインの専用シェイカーの使い方に関する注意事項は、飲み終わったらすぐに水洗いすることです。
時間が経って水分が乾燥するとタンパク質がこびりつき、軽く流したくらいでは落ちません。
また、もしシェイカーに傷がついてしまった場合は、傷口に残ったプロテインから微生物が繁殖してしまう可能性があります。
移動に持ち歩いているとヒビが入ることはよくありますので、自宅用と外出用を持つことをおすすめします。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

これから頑張って筋肉を鍛えよう!と思っていた矢先、「実はプロテインを飲むと髪が薄くなる」と聞いたら、プロテインを飲むのはマズいかも・・と思いますか?
こんなウワサが実際にあるようですが、はたしてその真偽のほどはどうなのか、考えてみましょう。

 

髪は、毛母細胞という頭皮の内部にある器官で作られています。
タンパク質は体のあらゆる器官を構成するのに必要不可欠な成分であるのはご存知の通りですね。
これは髪も例外でなく、タンパク質のひとつであるケラチンという成分で形作られます。
言い換えれば、ケラチン=タンパク質がなければ材料不足で髪が作られないということになります。

 

こう考えると、タンパク質の含有量が高いプロテインを飲むことは、薄毛の原因になるどころか、その反対で髪を作る助けになるということがわかりますね。
結論をいえば、プロテインを飲んだら薄毛になるなどということはないのです。

 

ただし、ごく稀にそうとはいえない特殊なケースも存在します。
なんでも度が過ぎると逆効果になるのは同じで、プロテインも過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすことがあります。
タンパク質の摂りすぎは、体内でタンパク質を作っている肝臓をはじめとする臓器に負担をかけます。
そして、内臓不調から体全体の機能がうまく働かなくなり、薄毛や肌荒れといったトラブルが起こることは、ないとはいえません。

 

効率的な筋肉づくりもそうですが、身体機能がうまく働くためには栄養バランスがとても重要です。
ハードな筋トレなどのトレーニングをすると、筋肉を修復するために材料となるタンパク質をしっかりと補わなければ、少ない材料で体の各所をやりくりすることになります。
適切な摂り方や体の仕組みをきちんと把握し、効果的な摂取を続けていれば、健康になることはあっても悩みを抱えることはないのです。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインは、最寄りのスーパーやドラッグストア、ショッピングセンターで手に入ります。
たくさんの商品の中から自分の体質や目的に合い、かつ効果を得られるものが見つかったら、ずっと同じものをリピートする方がほとんどでしょう。
プロテインのように継続的に購入するものは、お得な買い物の仕方をおさえておくことも大切なポイントといえそうです。

 

店頭で購入する以外に便利な方法といえば、ネット通販ですね。
色々なプロテインの口コミ情報や価格比較ができて便利な通販サイトといえば、やはり「楽天」でしょう。
楽天には、効果的な体づくりができることで人気のザパスやウイダー、DNSなどを定価よりも安く販売しているショップも多くあり、まとめ買いには便利です。

 

国内のプロテインもいいけれど、海外のプロテインも試してみたいという方には、「ワンプロテイン」という通販サイトがおすすめです。
ワンプロテインでは、本場アメリカのプロテインが激安価格で手に入ります。
プロテインを専門に扱うショップなので、国内のショップでは見ないようなプロテインを、多種多様に取り扱っています。

 

ただ、「ホエイプロテイン」などカテゴリで商品分かれているので、どういうプロテインかはわかりますが、配合成分の詳細は、商品の裏面ラベルがそのままアップされているだけで、日本語訳はありません。
とはいえ、商品説明などは日本語ですし、購入ガイドやカスタマーサポートもありますので、気になる商品があったら問合せてみれば問題ないでしょう。

 

脱毛ラボ立川店はコチラ

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

タンパク質は普段の食事で摂れる他、体内でも作られています。
その中で今注目されているスゴい効果を持つ「ヒートショックプロテイン」と呼ばれるプロテインがあります。

 

ヒートショックプロテインは、健康の維持やボディシェイプなどの美容面に効果を期待できる物質です。
名前から想像できる通り、このプロテインは熱を感じると増加します。
もっとわかりやすく説明すると、体に通常時の体温を超える熱が加わると、正常な状態に戻すためにたくさん体内で生成されるプロテインなのです。

 

特筆すべき点は、ヒートショックプロテインはそれだけでなく、体が感じるさまざまなストレスを緩和するためにも働いてくれるチカラを持っているということです。
つまり、ハードなトレーニングをして体内細胞や筋肉に疲労というストレスがかかると、それを修復するために体内でいろいろな働きかけをしてくれるのです。

 

また、疲れを感じてから働くばかりでなく、疲れにくいように使うこともできます。
前述したように、ヒートショックプロテインは熱によって増えます。
トレーニングをする前に岩盤浴などでじっくりと体を内側から温めておけば、体内でたくさんのヒートショックプロテインが作られ、細胞をダメージから守ってくれるため、筋肉痛が起こりにくい、いつもより長く運動できるという効果につながります。
ヒートショックプロテインの仕組みをうまくトレーニングに取り入れ、効率的に体づくりをしているスポーツ選手も多いようです。

 

さらに考えれば、細胞を修復して活性化させるので、代謝もアップして脂肪燃焼もしやすい体になり、ダイエットや美肌など美容面の効果も期待できるということになります。
男性らしい体づくりにも、女性らしいキレイな体づくりにも有効なヒートショックプロテインのチカラをうまく利用し、美と健康を保てれば嬉しいですね。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

さまざまな種類があるプロテインの中から自分に合ったものを選ぶには、それぞれの効果や特徴をきちんと把握しなければなりません。
調べる方法は色々とありますが、ブロテインや栄養学に関する書籍や、インターネットなどを使って情報収集する方が多いのではないでしょうか。

 

インターネット上には、プロテインに関する情報が紹介されているサイトがたくさんあります。
その中には、かなり多岐に亘って詳細に調べることができるものもあります。

 

そのひとつをご紹介すると、プロテインビギナーからヘビーユーザーまで幅広く参考になる情報がまとめられている「プロテインマニア」というサイトがあります。
完成度が高く、このサイトだけでも十分なプロテインの知識を得られます。
日常生活で深く知り得ないために難しく感じるプロテインの話も、写真や絵を使ってとてもわかりやすく丁寧に説明されており、プロテインのマニュアルのようです。

 

単に紹介するだけでなく、プロテインを実際に使ってみたレポートもあるので、これからプロテインを使って体づくりをしたいけれど、求める効果を得るにはどんなものを買えばいいのかわからない・・という方には、かなり参考になります。
プロテインにまつわるトリビア的な情報もあり、色々と勉強になるおすすめのサイトです。

 

プロテインの情報と併せて、正しい筋肉トレーニングの仕方や、ダイエット、サプリメントの知識について知りたい方は、「肉体改造研究所」という情報サイトがおすすめです。
プロテインを利用しながら、自分の目的を達成させるために役立つ実践的な知識が得られます。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10

プロテインは効果的にタンパク質を摂れるものだとわかったけれど、継続的に利用しようと思えばお金もかかるし、できれば日々の食事でうまく摂取したいという方もいることでしょう。
プロテインは、牛乳や大豆、卵から抽出して加工されたタンパク質です。
栄養バランスもきちんと配慮されているので、コレステロール値やカロリーを気にすることなくボディメイキングしたい方には、効率的な手段としておすすめです。
しかし、元々は食品から作られているものですから、食事で摂ることはもちろん可能です。

 

タンパク質を多く含む食品といえば、まず挙げられるのは肉類でしょう。
しかし、タンパク質を摂るためにと肉類を食べすぎると、あまり摂取したくない脂質なども一緒に摂ることになります。
しかし、肉類でも鶏のささ身なら大丈夫です。
高タンパク、低カロリーな上に脂肪分も少なく、プロテインの代用として取り入れても安心です。
また、他の肉類と比べて低価格なのも、代用しやすいポイントです。

 

安くて高タンパクな食品には、おからもあります。
食べ物にどれくらいタンパク質が含まれているかという評価は、アミノ酸スコアという数値で表されます。
筋トレやダイエットにプロテインが有効とされる理由は、良質なタンパク質であるということですが、アミノ酸スコアはプロテインの品質レベルを示す指標となります。

 

このアミノ酸スコアの最大値は100で、おからは91とかなりのハイスコアです。
しかもおからは非常に安く手に入る上、色々なレシピもインターネットで紹介されているので、普段の食事にも取り入れやすいでしょう。

 

また、きな粉もおすすめの高タンパク食品です。
アミノ酸スコアは70程度でおからほど高くありませんが、きな粉に含まれる脂肪は植物性なので、体に脂肪がつきにくいというメリットがあります。

 

脱毛ラボ立川

 

プロテインの代わりにするとなると、ホエイプロテインの摂取と比べて30%以上の量を摂取しなくてはなりません。
そう考えると効果的な筋肉づくりに利用するには効率的といえない部分もあります。
しかし、見方を変えてダイエットに使うのであれば、ダイエット食品を買わずに高タンパク、低カロリーな置き換えダイエットができるでしょう。

続きを読む≫ 2012/12/10 13:26:10