FXで活用する為替チャートとは

 

資産運用の手段としてFXを利用する人が増加しています。FXで鍵を握るのは、チャートをどう読むかです。為替チャートとは、FXとどのような関係を持っているのでしょう。為替チャートがどのようなものか知らなければ、FXを開始しても何から初めていいかわからないでしょう。ニュース番組を見ていると、円高、円安といった言葉が登場します。身近に感じたことのない言葉だったという人もいるかもしれませんが、この円相場がFXと密接に関わっています。今後、為替レートがどのように変わっていくかを見極めるためには、過去の為替をチャート化したものを使います。様々な為替チャートがあり、個別に性質があります。ラインチャートは、一日の終わり値をつなげた折線グラフです。中値や始値でつくるラインチャートもあります。欧米ではバーチャートという名のチャートがよく使われます。最高値、最安値、始値、終値がわかります。ロウソク足チャートは日本で考案された為替レートのチャート表で、始値、終値、高値、安値の4つの数字が視覚的にわかりやすく表示されています。日単位、時間単位、分単位、月単位など時間単位も様々なチャートが存在しています。単位時間の設定は、そのチャートで何を読み取りたいかなどで使い分けます。ロウソク足の場合、一日毎のチャートを日足といいます。チャートをどう分析するかや、トレード方針をどうしているかで見るチャートが異なります。為替相場の仕組みや、チャートへの理解を深めることによって、FXの的確な取引ができるようになります。

 

 

KIREIMO 料金